メインメニューを開く

小野 朝之(おの ともゆき)は、戦国時代武将遠江国引佐郡井伊谷の人。

 
小野朝之
時代 戦国時代
生誕 永禄2年(1559年)?
死没 不明
別名 亥之助[1][2]、万福
主君 井伊直政
氏族 称・小野氏
父母 父:小野朝直
あり
あり

目次

人物編集

遠江国引佐郡井伊谷を治める井伊氏の家老を務めた小野氏の一族、小野朝直の子。小野政直の孫。小野道好の甥。祖父や伯父は井伊家を裏切った奸臣として知られ、伯父は徳川家康により処刑されるが、朝之は生涯井伊家に仕える[2]。家康に万福の名を与えられ、小姓となった。元服後に朝之と名付けられた。井伊直政に従って多くの合戦で戦う。直政の彦根藩主就任後、彦根藩へ出仕。

朝之の孫・古豊は直政の長男・直勝の藩・安中藩の家老。安中藩にいた井伊家が与板藩に移った後、子孫の小野七郎左衛門が家老として出仕しており、井伊家伝記を作り上げることに関わった。

 登場する作品編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 『小野氏系図』(龍潭寺所蔵)
  • 梓澤要 『城主になった女 井伊直虎』 NHK出版。
  • 『NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全ガイドブック』 TOKYO NEWS MOOK

脚注編集

  1. ^ 『井伊年譜』より
  2. ^ a b 楠戸義昭『この一冊でよくわかる! 女城主・井伊直虎』(PHP文庫、2016年、149,225頁)