メインメニューを開く

奥山 朝利(おくやま ともとし)は、戦国時代武将遠江国引佐郡井伊谷の人。井伊家分家の実力者。名は親秀とも。

 
奥山朝利
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄3年12月22日1561年1月7日[1]
または永禄5年12月24日1563年1月18日[2]
別名 親秀
官位 因幡守
主君 井伊氏
氏族 奥山氏
父母 父:奥山親朝[1]
兄弟 新野親矩[1]
朝宗[1]朝重朝家、勘三郎、井伊直親[1]おひよ)、中野直由[1]小野朝直[1]、西郷伊予守室、鈴木重時[1]、菅沼淡路守室、橋本四方助室、平田森重室(於徳)

目次

人物編集

遠江国引佐郡井伊谷を治める井伊氏の親類衆。因幡守。娘の多くは井伊家・井伊家家臣に嫁ぎ、井伊直政の外祖父でもある[1]桶狭間の戦いのあった永禄3年(1560年)末[注釈 1]、あるいは永禄5年(1562年)の年末に[2][注釈 1]小野道好に暗殺された[3][1]

登場する作品編集

参考文献編集

  • 石田雅彦著 『女城主井伊直虎 その謎と魅力』 井伊達夫監修。
  • 『龍潭寺文書』
  • 楠戸義昭著 『この一冊でよくわかる! 女城主・井伊直虎』 PHP文庫、2016年。
  • 大石泰史 『井伊氏サバイバル五〇〇年』 星海社新書、2016年。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 旧暦による

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 楠戸義昭『この一冊でよくわかる! 女城主・井伊直虎』(PHP文庫、2016年、148,149頁)
  2. ^ a b 『井伊年譜』による(『井伊氏サバイバル五〇〇年』114頁)
  3. ^ 『龍潭寺文書』