小野 牛養(おの の うしかい)は、奈良時代貴族大徳冠小野妹子の孫で造平城京司次官小野広人の子とする系図がある。官位従四位下皇后宮大夫

経歴編集

元正朝初頭の霊亀2年(716年従五位下叙爵

聖武朝初頭の神亀元年(724年)3月に海道(東北地方太平洋沿岸地域)の蝦夷が起こした反乱を鎮圧するため[2]、4月に任ぜられた持節大将軍藤原宇合、副将軍・高橋安麻呂に続いて[3]、5月に牛養も出羽国蝦夷征討のため鎮狄将軍に任ぜられる。この遠征による成果は明らかでないが、同年11月末に宇合と牛養は平城京に帰還している[4]。翌神亀2年(725年)閏正月に遠征した将軍らに対する叙位叙勲が行われた際、藤原宇合や高橋安麻呂は叙位叙勲を受けている。一方で、牛養は少なくとも叙位が行われた形跡がないが、天平年間には勲五等を持っていることから、この時に勲五等の勲位のみを与えられた可能性もある。

神亀5年(728年正五位下に叙せられ、翌天平元年(729年)2月に発生した長屋王の変に際しては、右中弁として長屋王に対する罪状の糾問に参画している[5]。同年8月に従四位下に叙せられ、9月に聖武天皇の夫人・藤原安宿媛が皇后に冊立(光明皇后)されると、牛養は皇后宮大夫に任ぜられこれに仕える。天平2年(730年)には催造司監を兼ねて平城宮の造営も担当した。

天平11年(739年)10月5日卒去。最終位階は従四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ a b 鈴木真年『諸国百家系図』上,小野朝臣
  2. ^ 続日本紀』神亀元年3月25日条
  3. ^ 『続日本紀』神亀元年4月7日条
  4. ^ 『続日本紀』神亀元年11月29日条
  5. ^ 『続日本紀』天平元年2月11日条
  6. ^ 『大日本古文書(編年文書)』1巻553頁

参考文献編集