小鹿 範慶(おしか のりよし、生年不詳 - 長享元年11月1日1487年11月24日))は室町時代後期の武将小鹿範頼の子。小鹿範満の弟であり、駿河今川氏6代当主・今川義忠の従兄弟にあたる。幼名は孫五郎。なお、大塚勲や黒田基樹は孫五郎は範満の弟である某の子で、某は安房守を名乗っていた可能性はあるものの実名・事績は不明とする[1][2]

生涯編集

遠江国塩買坂の戦いにおける今川義忠の戦死により、兄・範満が家督を代行すると、兄に代わり有度郡小鹿村(現在の静岡市駿河区小鹿)を治めたという。しかし、義忠の遺児・氏親が元服しても範満は家督を返還しようとしなかったため、伊勢盛時(北条早雲)に襲撃され、範慶は兄ともども駿府今川館で自害した。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 大塚勲「今川義忠の討死と竜王丸の自立」『今川氏と駿河・遠江の中世』(岩田書院、2008年)
  2. ^ 黒田基樹「今川氏親の新研究」『シリーズ・中世関東武士の研究 第二六巻 今川氏親』(戎光祥出版、2019年4月) ISBN 978-4-86403-318-3 P22-25.