メインメニューを開く

小黒(しょうこく)は、647年に制定され、648年から649年まで日本で用いられた冠位である。13階中12番目で、大黒の下、建武の上に位置する。

解説編集

大化3年(647年)に制定された七色十三階冠で設けられ[1]、翌年4月1日に実施された[2]。黒冠を用い、菱形錦で縁取って大黒との違いをつけた。大黒・小黒ともに冠につける鈿は銅で作り、緑の服を着用する規定であった[3]

大化5年(649年)2月に冠位十九階が導入されると、小黒は小乙上小乙下に分割されて廃止になった。

1年で改称されたこともあり、小黒の冠位を授かったと『日本書紀』に記された人物はいないが、後継の小乙上・下については若干例が知られる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本書紀』大化3年(647年)是歳条。
  2. ^ 『日本書紀』大化4年(647年)4月1日条。以下、特に注がなければ『日本書紀』の当該年月の条による。
  3. ^ 『日本書紀』大化3年(647年)是年条。

関連項目編集