伝統中国医学における少陽経病(しょうようけいびょう)は、六経病の一つで陽明経病が進んで三番目に起こる外感性疾病。三陰三陽病では少陽病である。さらに外邪(寒邪)が少陽経(三焦経胆経)に侵襲、少陽経が司るのは胆であり、その経絡は胸脇を巡り耳を絡う。そのために胸脇痛、耳聾を引き起こす。次に太陰経病に移行する。

三陽経病が病を受けても、未だ臓に侵入しないものは、発汗によって治癒しうる。

参考文献編集

  • 教科書執筆小委員会著・社団法人東洋療法学校協会編 「東洋医学概論」医道の日本社 1993 ISBN 4-7529-5038-3