メインメニューを開く

浦添 朝喬(うらそえ ちょうきょう、正徳7年(1512年) - 万暦4年4月20日1576年5月28日))は琉球王国第二尚氏王統の人。向氏小禄御殿の二世で唐名は尚弘業、童名を松金といい、尚維衡浦添王子朝満の長男。

父:尚維衡・浦添王子朝満は、第二尚氏王統3代王尚真世子であったが廃嫡され、王位を継がなかった。朝喬はその父のあとを継ぎ浦添間切の按司地頭となるが、父と同じく隠遁生活を送っていたのか、さしたる功績も残さず没している。

系譜編集

父:尚維衡・浦添王子朝満の長男として生まれる。母は呉起良・花城親方宗義の娘。

室は尚真王の七男:尚源道・豊見城王子の娘であり、いとこどうしの婚姻をしている。室との間に六男三女をもうけるが、長男:尚懿・与那城王子朝賢の子、つまり長孫:尚寧は第二尚氏王統7代国王となった。また三男:尚弘徳・羽地王子朝元は、妹の峯間聞得大君の家統をついだ。その家はのちに摂政を務める向象賢・羽地按司朝秀を出すことになる名家となり、廃藩まで御殿家の家格を守っている。

  • 父:尚維衡浦添王子朝満 (向氏小禄御殿元祖)
  • 母:思乙金按司 (号は圭臺。父は呉起良・花城親方宗義
    • 妹(長女):童名不詳・峯間聞得大君 (未婚)
    • 弟(次男):尚弘禧・佐敷王子朝雄
    • 弟(三男):向弘瑞・安波茶按司朝孝
    • 妹(次女):童名不詳・首里宇和茂理按司


  • 室:思乙金 (号は慈光。父は尚源道・豊見城王子)
    • 長男:尚懿・与那城王子朝賢 (のち王号を追贈) 
      • 長孫:尚寧 (第二尚氏王統7代国王)
    • 次男:向秉義・豊見城按司朝重
    • 三男:尚弘徳・羽地王子朝元 (羽地御殿元祖)
    • 四男:向秉禮・勝連按司朝久
    • 五男:向秉知・勝連按司朝綱
    • 六男:向里瑞・浦添親方朝師
    • 長女:童名不詳・世治新君按司 (呉啓元・国頭親方先元に嫁ぐ)
    • 次女:童名不詳・君清良按司 (馬順徳・国頭按司正格に嫁ぐ)
    • 三女:童名不詳・君加那志按司 (安波根親方に嫁ぐ)

経歴(月日は旧暦)編集

  • 1512年正徳7) 生まれる。
  • 1522年-1566年嘉靖年間) 父:尚維衡・浦添王子朝満のあとを継ぎ、浦添間切総地頭となる(→浦添王子朝喬)
  • 1540年(嘉靖19)11月11日 父:尚維衡・浦添王子朝満が亡くなる。
  • 1546年(嘉靖25) 次男:向秉義・豊見城按司朝重が生まれる。
  • 1550年(嘉靖29) 四男:向秉禮・勝連按司朝久が生まれる。
  • 1552年(嘉靖31) 五男:向秉知・勝連按司朝綱が生まれる。
  • 1576年万暦4) 4月20日 亡くなる(享年65)。

関連項目編集