メインメニューを開く
本来の表記は「尼ヶ嵜清吉」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

尼ヶ嵜 清吉(あまがさき せいきち、1871年12月14日明治4年11月13日) - 1947年昭和22年)3月4日[1])は、高砂部屋に所属した元力士。10代振分、12代間垣。本名は半田 清吉。現在の大阪府大阪市西淀川区出身。170cm、79kg。最高位は西小結[2]

目次

経歴編集

1896年1月初土俵(序ノ口)、この時24歳と晩成であった。相撲名人と呼ばれた逆鉾与治郎から押し相撲の極意を教わり開花。1899年5月新十両、1900年1月新入幕。大砲万右エ門と2度の引分を演じ、1908年1月に36歳の高齢で小結昇進。1912年1月引退[2]し、10代振分を襲名。のち12代間垣に変更。

成績編集

  • 幕内22場所72勝73敗55休20分預
  • 通算25場所79勝75敗55休21分預

改名編集

改名歴なし [3]

出典編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19000103.htm
  2. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p20
  3. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709