尼子富士郎

日本の老年医学者

尼子 富士郎(あまこ ふじろう、1893年12月1日 - 1972年3月17日)は日本医師老年医学者。医学博士

尼子 富士郎
Amako Fujiro.JPG
生誕 1893年12月1日
山口県下松市[1]
死没 1972年3月17日[2]
東京都杉並区[2]
多発性骨髄腫[2]
国籍 日本の旗 日本
研究分野 老年医学
研究機関 東京大学浴風会
出身校 東京帝国大学
博士課程
指導教員
稲田龍吉
主な業績 老年医学の開拓者・医学中央雑誌の編集者
主な受賞歴 武田医学賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

広島出身の医師で医学中央雑誌の創設者でもある尼子四郎の長男として山口県下松市で生まれ、まもなく一家で上京する[1]誠之小学校では中川一政と同級生であり、また東京高等師範学校附属中学校の受験のため夏目漱石に英語の個人教授を受けていた[3]

  • 1906年 - 東京高等師範学校附属中学校に入学
  • 1911年 - 第二高等学校三部医科に入学
  • 1914年 - 東京帝国大学医学部に入学
  • 1918年 - 東京帝国大学医学部を卒業し、内科(稲田龍吉)に入局[1]
  • 1926年 - 新設された浴風会本園の医長に就任
  • 1927年 - 医学博士
  • 1928年 - 東京帝国大学医学部嘱託講師(1953年まで)、医学中央雑誌代表
  • 1959年 - 浴風会病院院長
  • 1968年 - 浴風会病院を退職、名誉院長[2]

業績編集

世界に先駆けて老年医学の重要性に着目し、その研究と教育の先駆者と評価されている。日本老年医学会は「尼子賞」を設けている[4]

その一方、父から医学中央雑誌の編集を引き継ぎ、全ての文献の採択、抄録の編集、校正に目を通し、それを優先するため生涯国外に出なかった。現在の「医中誌」の社屋は富士郎氏の自宅跡に建てられている[3][5]

人物編集

誠実で控えめな人柄。戦時中に浴風園が陸軍に占拠され、また応召のため医師がほとんどいない状態で献身的な貢献を続けた[6]。囲碁、観劇を趣味とし、ゴルフ、乗馬を嗜んだ[1]

受賞編集

  • 東京都功労者表彰(1953年、社会福祉事業)[7]
  • 紫綬褒章(1963年)
  • 武田医学賞(1965年)[8]
  • 朝日社会奉仕賞(1965年)[6]
  • 日本医師会最高優功賞(1967年)[2]

著書編集

  • 『老化』医学書院、1974年。

論文編集

  • 尼子富士郎「網状織内被細胞系統ト免疫體産生トノ關係」『日本内科学会雑誌』第13号、日本内科学会、1925年、 1053-1054頁、 doi:10.2169/naika.13.1053ISSN 0021-5384NAID 130000888424
  • 尼子富士郎, 岩澤治義, 岡本陽七「網状織内被細胞系統機能ノ研究」『日本内科学会雑誌』第14巻第11号、日本内科学会、1927年、 1030-1032頁、 doi:10.2169/naika.14.1030ISSN 0021-5384NAID 130000888126
  • 尼子富士郎, 鈴木茂三郎, 佐藤久助「老齡者ノ生理及病理研究(第四報告) 老齡者ノ體温呼吸數及脈搏數ニ就テ」『日本内科学会雑誌』第17巻第6号、日本内科学会、1929年、 531-553頁、 doi:10.2169/naika.17.531ISSN 0021-5384NAID 130000887055
  • 尼子富士郎「老年者の消化機能に就て」『日本消化機病学会雑誌』第34巻第4号、日本消化器病学会、1935年、 207-239頁、 doi:10.11405/nisshoshi1902.34.4_207ISSN 0446-6586NAID 130006143367
  • 村上元孝, 西川一郎, 志賀惠珠, 尼子富士郎「大動脈弁窓形成に因る楽音性心雑音」『日本循環器学誌』第14巻第5号、日本循環器学会、1950年9月、 55頁、 ISSN 00471828NAID 110006627304
  • 尼子富士郎「動脈硬化症」『医療』第6巻第10号、国立医療学会、1952年、 668-670頁、 doi:10.11261/iryo1946.6.668ISSN 0021-1699NAID 130004316432
  • 尼子富士郎「老年医学の歴史」『浴風園調査研究紀要』第46号、浴風会、1967年12月、 1-123頁、 ISSN 03727653NAID 40018570474

参考文献編集

  1. ^ a b c d 酒井シヅ「医学史を紐解く―近代の先駆者たち 2 尼子 富士郎 日本の老年医学の開拓者」 (pdf) 『メディカルトリビューン』第44巻第8号、2011年2月24日、 51頁。
  2. ^ a b c d e 「尼子 富士郎氏」夕刊11面、『読売新聞』、1972年3月17日。
  3. ^ a b 斎藤晴惠「尼子四郎と夏目漱石」『医学図書館』第53巻第1号、日本医学図書館協会、 60-64頁、 doi:10.7142/igakutoshokan.53.60
  4. ^ 鳥羽研二「尼子賞創設の経緯について」『日本老年医学会雑誌』第53巻第4号、日本老年医学会、 295頁、 doi:10.3143/geriatrics.53.295
  5. ^ 「医学情報 110年の蓄積」日本経済新聞、2013年6月21日44面
  6. ^ a b 「朝日賞の人びと(8) 老人医学の開拓に多年尽した功績 尼子富士郎氏」夕刊5面、『朝日新聞』、1966年1月12日。
  7. ^ 「功労の13団体、86人 きょう都で晴れの表彰」朝刊6面、『読売新聞』、1953年5月3日。
  8. ^ 武田医学賞受賞者”. 武田科学振興財団. 2020年5月24日閲覧。

外部リンク編集

  • 大友英一「日本における老年医学研究の流れ 尼子先生と浴風会病院の果した役割」『日本老年医学会雑誌』第34巻第11号、日本老年医学会、1997年、 890-895頁、 doi:10.3143/geriatrics.34.890ISSN 0300-9173NAID 130003652268