メインメニューを開く

尾崎 ムゲン(おざき むげん、1942年4月24日[1] - 2002年10月2日[2])は、日本教育学者、教育史学者。愛知県出身[2]。専攻は近現代日本教育史[2]

略歴編集

京都大学教育学部卒、同大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。大阪女子大学学芸学部助教授、教授を経て関西大学教授。

心不全のため京都市左京区の病院で2002年10月2日に死去した[2]

単著編集

共編著・監修編集

論文編集

出典・脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、257頁。
  2. ^ a b c d 尾崎ムゲン氏死去 関西大教授” (2002年10月2日). 2015年9月18日閲覧。