メインメニューを開く

尾崎 洋二(おさき ようじ、1938年7月20日 - )は、日本の天文学者理学博士東大名誉教授。専門は、恒星物理学海野和三郎に師事した[1]

尾崎 洋二
(おさき ようじ)
生誕 (1938-07-20) 1938年7月20日(80歳)
日本の旗 日本 愛知県
研究分野 恒星物理学
研究機関 東京大学
コロンビア大学
コロラド大学
ニース天文台
マックス・プランク天体物理研究所
長崎大学
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
海野和三郎
博士課程
指導学生
嶺重慎
プロジェクト:人物伝

目次

人物編集

愛知県出身。1961年東京大学理学部物理学科卒業。1964年東大大学院数物系研究科天文学専攻博士課程中退。同年東大理学部天文学科助手、のち助教授を経て1985年東大教授。この間コロンビア大学コロラド大学ニース天文台マックス・プランク天体物理研究所の研究員として日本国外生活を送った。1999年に退官、長崎大学教育学部教授に就任。

京都大学基礎物理学研究所教授の嶺重慎は尾崎の弟子にあたる[1]

南山大学教授の尾崎俊治工学博士)は実弟である。

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『新しい宇宙の探究』(岩波書店 1990年
  • 『Nonradial Oscillitions of Stars』(邦題:『恒星の非動径振動』)

脚注・出典編集