メインメニューを開く

尾崎 隆(おざき たかし、1952年9月9日 - 2011年5月12日)は日本の登山家。三重県亀山市生まれ。

尾崎 隆
(おざき たかし)
生誕 (1952-09-09) 1952年9月9日
三重県亀山市
死没 (2011-05-12) 2011年5月12日(58歳没)
ネパールエベレスト
国籍 日本の旗 日本
出身校 三重県立四日市中央工業高等学校
著名な実績

8000メートル峰7座登頂
エベレスト登頂3回

1980年 北壁世界初
1983年 南東稜
配偶者 尾崎フレデリック
受賞 第1回植村直己冒険賞(1996年)

概要編集

1952年三重県亀山市にて3人兄弟の次男として生まれる。三重県立四日市中央工業高等学校入学後、山岳部に入部。卒業後就職。1972年にフランスで植村直己と10日間ほど自転車旅行を行った。ドリュボナッティ稜グランドジョラス登頂。1974年10月「第2次RCC中部支部」に加入。

1980年世界初のエベレスト北壁からの登攀(とうはん)に成功。以後、数々の前人未到の記録を残し、8000メートル峰のスターと呼ばれた。世界の8,000m峰14座のうち7座の登頂に成功した。1983年ネパールカトマンズのフランス大使館に勤めるフランス人と結婚。1男1女を儲ける。

1996年ミャンマーの最高峰カカボラジ山(5,881m)に初登頂 。その年創設された植村直己冒険賞の第1回受賞者となった。

2011年エベレストの南東稜を登攀中、山頂下8,500m付近で死亡した。高山病が原因とされている。テレビ取材中の事故であり、尾崎の撮った映像は同年7月にTBSThe世界遺産」で放映された[1][2]。この映像が遺作となる[3][4]

経歴編集

エベレスト[南東稜](8,848m)に山田昇、村上和也と共に登頂。
フランス人フレデリックと結婚。
第1回植村直己冒険賞受賞。

著書編集

脚注編集

参考文献編集

  • 2011年6月18日朝日新聞

外部リンク編集