メインメニューを開く

尾関 弥四郎(おぜき やしろう、天保2年(1831年) - 慶応元年11月7日1865年12月24日))は、新選組隊士。

大和国高取藩出身。弟に尾関雅次郎がいる。新選組には初期に加入し、八月十八日の政変池田屋事件にも参加した。しかし、元々病弱(心臓病を患っていたといわれる)であったとされ、慶応元年(1865年)4月には、京坂における隊士募集に回っている。その後除隊され、同年11月17日に死去した。享年35。 「新選組行軍録」には名を連ねるが、板橋の墓碑に名は載っていない。