メインメニューを開く

尾関 雅次郎(おぜき まさじろう、天保15年(1844年)? - 明治25年(1892年2月28日)は、新選組隊士。調役兼監察。後にと改名する。

大和国高取高取藩士尾関文左衛門(雅幸)の2男として生まれる。兄に尾関弥四郎がいる。

文久3年(1863年)頃に新選組の前身である壬生浪士組に入隊。旗役として行軍の先頭に任された。八月十八日の政変に参加。池田屋事件には参加しなかった。近藤勇に反発した永倉新八原田左之助斎藤一島田魁葛山武八郎とともに建白書を提出している。鳥羽・伏見の戦いで敗れ、江戸へ帰還し、土方歳三、島田魁、相馬主計らと箱館まで戦い降伏。その後薬王院[要曖昧さ回避]に収容された。

明治25年(1892年)2月28日に故郷の奈良県高取町で死去。享年49。墓は光雲寺にある。