メインメニューを開く

屋上ミサイル』(おくじょうミサイル)は、山下貴光による日本推理小説青春小説

概要編集

ストーリー概要編集

偶然、学校の屋上で会った4人の高校生たちが『屋上部』を結成し、身の回りで起きる事件に立ち向かうミステリー。

ストーリー編集

屋上にのぼった高校二年生の辻尾アカネはそこでリーゼント頭の不良・国重嘉人、願掛けのため言葉を封印した沢木淳之介、自殺願望をもつ平原啓太と知り合い4人で「屋上部」を結成。4人は次々と事件に巻き込まれていく。