メインメニューを開く

屋代 忠知(やしろ ただとも、寛文11年(1671年) - 正徳2年3月14日1712年4月19日))は、江戸時代前期の武士。安房北条藩の嫡子だった。屋代忠位の次男。正室は大河内松平正信の娘。継室は牧野成貞の養女。

本来なら安房北条藩の4代藩主となるはずだったが、父・忠位は正徳元年(1711年)に改易された。翌正徳2年(1712年)、忠知は42歳で没した。子はなく、代わって弟の屋代正勝が嫡子となった。