メインメニューを開く

松平 正信(まつだいら まさのぶ、元和7年11月18日1621年12月30日) - 元禄5年11月26日1693年1月2日))は、江戸時代の前期の大名奏者番相模国玉縄藩第2代藩主。大河内松平宗家2代。

初代藩主松平正綱の次男。官位は従五位下、備前守。正室は宗義成の娘。子に松平正久(次男)、松平正基(六男)、娘(土屋直樹正室のち日野資政室)、娘(堀親貞継室)、娘(松平乗成正室)、娘(本多忠能正室)、娘(屋代忠知正室)、娘(松平為政正室)。

兄の利綱が早世したため、代わって嫡子となり父の跡を継いだ。この際、弟の松平季綱(正朝)に3000石を分与した。万治2年(1659年)2月21日、奏者番となり、貞享3年(1686年)10月9日まで務めた。この間、高力隆長改易による島原城受け取りの上使、鶴岡八幡宮の修造奉行、日光東照宮の石垣修理奉行を務めた。元禄3年(1690年)に隠居し、家督を次男の正久に譲った。