屋代 正国(やしろ まさくに)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将村上氏甲斐武田氏の家臣。

 
屋代正国
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正17年(1520年
死没 天正10年(1582年)?
別名 政国、義綱、通称:太郎
官位 左衛門尉安芸守越中守
主君 村上義清武田信玄
氏族 屋代氏
父母 父:屋代正重
兄弟 正国室賀満正
村上義清養女
基綱屋代秀正正室
養子:正長秀正[1](室賀満正四男)
テンプレートを表示

略歴編集

屋代氏信濃国埴科郡屋代郷を領していた国人で、信濃村上氏庶流

永正17年(1520年)、屋代正重の子として誕生。村上義清の重臣として武田信玄の信濃侵攻に対抗し、天文17年(1548年)の上田原の戦いでは嫡男・基綱を喪う。

天文22年(1553年)に村上氏から離反して4月5日に武田氏に降伏、塩崎六郎次郎と共にその家臣となった。屋代氏の離反は村上氏に相当影響したらしく、離反の数日後である9日に村上義清は葛尾城を放棄している[2]。武田氏からは当初雨宮(現・千曲市)を宛がわれたが、8月8日に雨宮の替地として新砥(同前)及び雨宮のうち大下条・小下条を与えられた。

永禄10年(1567年)には『下之郷起請文』を取次である春日虎綱に提出した。

後継がいなかったため弟・室賀満正の次男・正長を養子に迎えたが、天正3年(1575年)の長篠の戦いで正長は戦死してしまう。その後屋代氏の家督は満正の四男・秀正が継いだ。

没年は天正10年(1582年)と言われているが、永禄4年(1561年)の第四次川中島の戦いで戦死したとする説もある[要出典]

脚注編集

  1. ^ 勝永とも。
  2. ^ 丸島和洋「屋代政国」 『武田氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2015年。 

参考文献編集