メインメニューを開く

山一名作劇場』(やまいちめいさくげきじょう)は、1955年10月4日から1959年8月4日まで日本テレビが編成していたテレビドラマ放送枠である。山一證券の一社提供。

一般に知られた文芸作品から選ばれるのが特色である[1]

編成時間編集

いずれも日本標準時

  • 火曜 19:30 - 20:00 (1955年10月4日 - 1956年11月24日[要検証]
  • 火曜 20:00 - 20:30 (1956年12月4日 - 1959年8月4日)

放送作品一覧編集

エピソード編集

2作目の『次郎物語』では、幼年期および少年期の次郎役を一般から募集したところ、350 - 360人ほどの申し込みがあり、スタッフはテレビの反響の大きさに驚いたという[1]

脚注編集

  1. ^ a b 『大衆とともに25年:沿革史』日本テレビ放送網、1978年、77頁。

関連項目編集

いずれも後に火曜20:00枠に編成されたテレビドラマ放送枠。

日本テレビ 火曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
山一名作劇場
(1955年10月4日 - 1956年11月)
トクホンテレビ寄席
【火曜20:00枠から移動】
日本テレビ 火曜20:00枠
トクホンテレビ寄席
【火曜19:30枠へ移動】
山一名作劇場
(1956年12月4日 - 1959年8月4日)