山下 五三郎(やました ごさぶろう、1869年5-6月(明治2年4月) - 1943年昭和18年)1月[1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

山下 五三郎
生誕 1869年5-6月
日本の旗 日本 東京府
死没 1943年1月
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1893年 - 1919年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―少将.svg 陸軍少将
除隊後 浜松市少年団初代団長、誠心高等女学校初代校長
テンプレートを表示

経歴編集

東京府出身[1][2]1893年(明治26年)陸軍士官学校第4期卒業[1][2]

熊本陸軍地方幼年学校長などを経て、1913年(大正2年)8月に岡山連隊区司令官に任官[1][2]

のち1915年(大正4年)9月に陸軍歩兵大佐に昇進し、翌年の1916年(大正5年)8月に歩兵第2連隊長(第14師団、歩兵第27旅団)に任官し、シベリア出兵に従軍した[1][2]

そののち1919年(大正8年)7月に陸軍少将に昇進と同時に待命、同年11月に予備役に編入した[1][2]

退役後は浜松市で教育活動に携わる。大正10年に結団した浜松市少年団の初代団長を務めた[3]ほか、大正13年には、誠心高等女学校(現・浜松開誠館中学校・高等学校)の初代校長に就任し、昭和12年までその職にあった。[4]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。