メインメニューを開く

山中 司(やまなか つかさ、男性1981年(昭和56年)11月2日[3] - )は、日本プロボクサー徳島県出身。血液型O型。634ボクシングジム所属。身長170cm、体重61kg 既婚者  女の子2人 [1]

山中 司
基本情報
階級 フェザー級(現役)
身長 170cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1981-11-02) 1981年11月2日(37歳)?[1]
(1979-11-02) 1979年11月2日(39歳)?[2]
出身地 日本国徳島県
プロボクシング戦績
総試合数 7戦
勝ち 5勝
KO勝ち 3(KO率:42.86%)
敗け 2敗
テンプレートを表示

来歴編集

バラエティ番組・『ガチンコ!』の人気コーナーであった「ファイトクラブ(シーズン3)」で一躍有名になる。幼少期を施設で過ごし、「自分を捨てた両親を見返したくて徳島から来た」[4]とファイトクラブ3期生として入部を希望した。

当初は自らが使用するグローブに「捨てられた意地じゃ」と落書きしたり、合宿所では同期生Tに炊事や洗濯を押し付け、後日のスパーリングでも顔面に蹴りを入れたことでコーチの竹原慎二TOKIO国分太一長瀬智也)から咎められても反抗したりと典型的な問題児として放送されたが、その後は誰よりも真面目にボクシングに打ち込むシーンを演じた。番組で見せたボクシングに対するひたむきな姿勢と、先輩2期生・藤野大作、後輩4期生・梅宮哲とのスパーリングの場面、プロテスト受験直前に「親に産んでくれてありがとうと言いたい」といった台詞が放送された。

2003年(平成15年)3月31日、プロデビュー。「ファイトクラブ3」当時はスーパーライト級、プロデビュー当時はライト級だったが2戦目からはフェザー級に階級を変更している。

2008年(平成20年)5月21日付で野口ボクシングジムから634ボクシングジムへ移籍した。

2007年(平成19年)11月を最後に試合からは遠ざかっていたが、2012年9月2日に青森県三沢市で開かれる三沢漁港復興支援イベント・日米ボクシング親善大会に出場した[5][6]

2013年3月22日、ブログを再開[7]

戦績編集

7戦5勝(3KO)2敗[5]

脚注編集

  1. ^ a b G.ガチンコファイトクラブ三期生『山中司』(2010年12月5日時点のアーカイブ)
  2. ^ BoxRecによる戦績”. 2014年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月21日閲覧。
  3. ^ 本人のブログに明記されているが、外部リンクBoxRecでは1979年(昭和54年)11月2日生まれになっている。
  4. ^ ブログでも「顔も見た事の無い両親」と公言している[1]
  5. ^ a b 青森の復興、試合で応援 美馬市ゆかりのボクサー山中さん 2012年8月30日 - 徳島新聞Web
  6. ^ 本人のブログより 2013年4月8日 ダメじゃ〜 - 画像を参照
  7. ^ 本人のブログより 2013年3月22日 復活

関連項目編集

外部リンク編集