山中 幸正(やまなか ゆきまさ、? - 寛政10年(1798年3月27日)は、日本江戸時代旗本墓所・法号は不明である。

生涯編集

寛政重修諸家譜」によれば、宝暦10年5月15日に御先手与力に召し抱えられた後、支配勘定から天明元年閏5月14日に代官となった。山中元貞の勧めもあり寛政6年(1794年)12月4日に鴻池村山中総本家の家督を継いだ山中元興を養子にしたが、4年後の寛政10年3月27日に64歳で没した。

参考文献編集

関連項目編集

先代
?
山中氏歴代当主
?年 - ?年
次代
山中元興