メインメニューを開く

山内 倫氏(やまうち ともうじ)は、江戸時代前期から中期にかけての土佐藩の重臣。

 
山内倫氏
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 明暦3年(1657年
死没 宝永6年2月2日1709年3月12日
改名 省太郎(幼名)→倫氏
別名 通称:半左衛門、蔵人
戒名 高照院寛山鳳仁
主君 山内豊昌豊房豊隆
土佐藩
氏族 宿毛山内家
父母 父:山内節氏、母:山内豊吉娘・寛
山内信勝娘、野々口永由娘、
田辺林雪娘、山内吉明
晴氏(五男)、郷俊(六男)
テンプレートを表示

略歴編集

明暦3年(1657年)、土佐国宿毛にて山内節氏の子として誕生した。

父の死後、元禄12年(1699年)に家督を継ぎ、4代宿毛領主となる。宝永元年(1704年)に帰国する。宝永4年(1707年)に大地震が起こり宿毛の町は壊滅、その復興に取りかかり、志半ばで宝永6年(1709年)に死去した。享年53。跡は五男の晴氏が継いだ。

系譜編集