山内 廣隆(やまうち ひろたか、1949年 - )は、日本の倫理学者、広島大学特任教授・名誉教授。

鹿児島市生まれ。鹿児島県立鹿児島中央高等学校卒業、1975年鹿児島大学法文学部哲学専攻卒、1982年広島大学大学院文学研究科西洋哲学専攻博士課程後期単位修得退学。2003年「ヘーゲル 哲学体系への胎動」で文学博士比治山女子高等学校教諭、1991年比治山女子短期大学助教授、94年比治山大学助教授、1996年広島大学文学部助教授、2001年同文学研究科助教授、2004年教授、2014年特任教授、名誉教授。[1]

著書編集

  • 『環境の倫理学』丸善 現代社会の倫理を考える 2003
  • 『ヘーゲル哲学体系への胎動 フィヒテからヘーゲルへ』ナカニシヤ出版 2003
  • 『ヘーゲルから考える 私たちの居場所』晃洋書房、2014

共編著編集

翻訳編集

  • ルートヴィヒ・ジープ『ヘーゲルのフィヒテ批判と一八〇四年の『知識学』』ナカニシヤ出版 2001
  • L.ジープ, K.バイエルツ.M.クヴァンテ『ドイツ応用倫理学の現在』ジープ,松井富美男共編・監訳 ナカニシヤ出版 2002
  • クラウス・マイヤー=アービッヒ『自然との和解への道』みすず書房 エコロジーの思想 2005-06
  • 『ジープ応用倫理学』広島大学応用倫理学プロジェクト研究センター訳(訳者代表)丸善出版事業部 2007

編集

  1. ^ 『ヘーゲルから考える』著者紹介