山内 豊興(やまうち とよおき)は、江戸時代後期の大名土佐藩11代藩主。官位従五位下土佐守侍従

 
山内豊興
時代 江戸時代後期
生誕 寛政5年5月16日1793年6月24日
死没 文化6年3月19日1809年5月3日
戒名 寛邦院泰運源心
官位 従五位下土佐守侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
土佐藩
氏族 山内氏
父母 山内豊策、児玉氏
兄弟 豊興豊資豊道豊著黒田長元
豊栄、厚、眉寿、孝、徳、兎見ら8男7女
豊資
テンプレートを表示

略歴編集

10代藩主・山内豊策の長男として誕生。

文化5年(1808年)2月5日、父の隠居により家督を継ぐ。しかし翌文化6年(1809年)3月19日に17歳で早世した。嗣子がなく、跡を異母弟の豊資が継いだ。法号は寛邦院泰運源心。

系譜編集