山内 豊資(やまうち とよすけ)は、土佐藩12代藩主。

 
山内豊資
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 寛政6年10月17日1794年11月9日
死没 明治5年1月4日1872年2月12日
改名 金寿・政太郎(幼名)、豊資
諡号 景翁、尚徳、鵬洲
墓所 高知県高知市天神町の真如寺
官位 従四位下土佐守侍従左近衛少将、右近衛少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
土佐藩
氏族 山内氏
父母 山内豊策、エイ
山内豊興
兄弟 豊興豊資豊道豊著黒田長元
豊栄、厚、眉寿、孝、徳、兎見ら8男7女
池田斉政娘祐仙院
美芳院、衣斐光表娘、沢田貞道
豊熈豊惇豊矩豊範、貞、悦、嘉年ら11男7女
テンプレートを表示

生涯編集

寛政6年(1794年)10月17日、第10代藩主・山内豊策の次男として生まれる。文化6年(1809年)、兄で第11代藩主だった山内豊興が早世したため、その養子となって跡を継いだ。藩政においては専売制の強化、新田開発や銅山開発、社倉・義倉の設置による領民の救済、藩校教授館の拡大による文治の奨励、医学進歩の奨励などに務めた。

しかし天保の大飢饉により藩内が大被害を受けると、藩は財政的に苦しくなり、天保13年(1842年)には吾川郡名野川の領民が伊予逃散するほどであった。このため、藩政再建を目指して天保10年(1839年)に倹約令を出し、さらに天保12年(1841年)には藩主親政による藩政改革を宣言したが、同年末には土佐の郷村庄屋が秘密同盟を結成して自らの待遇改善を訴えて庄屋と対立するなど、次第に身分制の動揺が見られるようになる(この秘密同盟は、幕末の尊王攘夷運動に影響を与えた)。また、豊資主導による藩政改革も効果が見られず、天保14年(1843年)3月7日に長男の豊熈に家督を譲って隠居した。

しかし豊熈は嘉永元年(1848年)7月に、その跡を継いだ四男の豊惇も同年9月に早世した。このため、豊資は分家の山内豊信を第15代藩主として擁立し、自らは隠居後も少将様と呼ばれて、土佐藩の政務に介入した。豊信が安政の大獄で隠居となった後は、十一男の豊範を第16代藩主として擁立した。

明治5年(1872年)1月4日に死去した。享年79。

系譜編集

子女は11男7女