メインメニューを開く

黒田 長元(くろだ ながもと、文化8年6月2日1811年7月21日) - 慶応3年4月4日1867年5月7日))は、筑前秋月藩の第10代藩主。

 
黒田長元
時代 江戸時代後期
墓所 古心寺
官位 従五位下
筑前秋月藩
父母 父:山内豊策、母:藤堂高嶷の娘・順
正室:慶子(黒田長韶の娘)
山内豊福(次男)、織田信民(四男)、奥平松平忠毅(五男)、長義(六男)、長徳(八男)、娘(久留島通靖正室のち錦織教久室)

土佐藩主・山内豊策の五男。母は伊勢津藩主・藤堂高嶷の娘・順。正室は黒田長韶の娘・慈海院(慶子)。子に山内豊福(次男)、織田信民(四男)、奥平松平忠毅(五男)、黒田長義(六男)、黒田長徳(八男)、娘(久留島通靖正室のち錦城教久室)。幼名は戌次郎。通称は勘解由。

文政11年(1828年)12月11日、先代藩主・黒田長韶の養嗣子となる。文政13年(1830年)5月にその娘と結婚した上で、同年10月6日に家督を譲られた。同年12月15日、従五位下・甲斐守に叙任する。先代以来、藩内において専横の限りを尽くしていた間小四郎の一派を流罪に処している。嘉永6年(1853年)、藤堂高聴とともに柳間取締の加談となる。万延元年(1860年)8月21日、家督を六男の長義に譲って隠居した。同年9月19日、自笑庵と号する。慶応3年(1867年)4月4日に57歳で秋月にて死去した。法号は安静院文山松操。墓所は福岡県朝倉市秋月の古心寺