メインメニューを開く

山内 豊賢(やまうち とよかた、文化4年2月7日1807年3月15日) - 文久3年2月25日1863年4月12日))は、土佐新田藩の第4代藩主。

第3代藩主・山内豊武の長男。母は逸見長祥の娘(溝口直侯の養女)。正室は山内豊道の娘。官位は従五位下、遠江守、右兵衛督。

文政8年(1825年)、父の死去により家督を継ぐ。安政3年(1856年)6月6日、隠居して家督を養嗣子の豊福に譲り、文久3年(1863年)2月25日に57歳で死去した。