山口 年臣(やまぐち としおみ、1911年 2月4日 - 1986年6月14日)は、日本のフランス文学者、翻訳家。

人物編集

愛知県出身。慶応義塾予科を中退して文化学院に入り卒業。編集者を経てフランス文学の翻訳家となる。野口冨士男の友人[1]

翻訳編集

  • 『死よりも強し』 (モーパッサン角川文庫 1951年
  • 『ナナ』(ゾラ) 角川文庫 1952年、のち改題「女優ナナ」
  • クォ・ヴァディス』(シエンキェヴィッチ三笠書房 1953年
  • ボヴァリー夫人 地方の風俗』(フロベール) 三笠文庫 1953年-1954年
  • 『仮装舞踏会』(アンドレ・モロワ) 三笠書房 1954年
  • 『祝婚歌』(シヤルドンヌ) 角川文庫 1954年
  • 『小間使の日記』(ミルボー) 角川文庫 1956年
  • 『春のゆくえ』(シュザンヌ・ペロー) 三笠書房 1956年(若草文庫 ポケットサイズ)
  • 『金髪のナルシス』(マルドリュース) 三笠書房 1957年(若草文庫 ポケットサイズ)
  • 『失われしもの』(フランソワーズ・ファベール) 弥生書房 1957年
  • 『パリのクリスティーナ』(カルメン・デ・イカーサ) 秋元書房 1958年
  • 『禁断の愛』(ゾラ) 角川文庫 1959年
  • 『魔術の手 心霊・催眠術から占いまで解明』(イスマ・ヴイスコ) ペルジュロン師共訳 東京信友社 1962年
  • 『神秘術とは何か 催眠術から占いまで』(イスマ・ヴィスコ) 潮文社 1963年
  • 『抵抗の街』(ピエール・ノール) 早川書房 1965年(世界ミステリシリーズ)
  • 『友情論・恋愛論』(アベル・ボナール旺文社文庫 1968年
  • 『孤独な散歩者の夢想』(ルソー) 旺文社文庫 1969年
  • 『純愛(ウジェニー・グランデ)』(バルザック) 旺文社文庫 1971年
  • ヘッドライト』(セルジュ・グルッサール) 谷長茂共訳 ハヤカワ文庫 1972年

脚注編集

  1. ^ 野口「他人の春」『少女』所収