山口 正城(やまぐち まさき、1903年1月22日 - 1959年12月5日)とは、日本の画家グラフィックデザイナー、デザイン・図案に関する教育者。

千葉大学工学部工業意匠学科教授を務めた。フォトグラムを含め、抽象的な作品が多い。

経歴等編集

  • 北海道旭川市に生まれる。
  • 1926年、東京高等工芸学校図案科(現・千葉大学工学部工業意匠学科)卒業。
  • 同年、大阪市立工芸学校(現・大阪市立工芸高等学校)図案科教諭となる。
  • この間、バウハウス理論を研究した。
  • 1937年・自由美術家協会第1回展に入選、1939年・第3回展で協会賞、1940年・会友となり、1941年美術創作家協会に改称後会員となる、1959年退会(会友・会員となった年について、異なる年を記載している文献も存在する)。
  • 1939年、京都市立第二工業学校(現・京都市立伏見工業高等学校)玩具科主任教諭。
  • 戦中・戦後は、滋賀県琵琶航空工業株式会社技師や滋賀県高宮木工補導所長を務める。
  • 1948年、大阪市立工芸高等学校に復職。
  • 同年、東京工業専門学校教授。
  • 1949年、千葉大学工学部工業意匠学教室助教授。
  • 1952年、千葉大学工学部教授。
  • 1953年、日本アブストラクト・アート・クラブ設立(他のメンバーは、長谷川三郎山口長男吉原治良村井正誠末松正樹恩地孝四郎瀧口修造など)。
  • 1959年、日本抽象作家協会設立。死去。

主要な展覧会編集

参考文献編集

  • 上記山口正城作品展の展覧会カタログ(編集は、福岡市美術館の尾野正晴と後小路雅弘)
    • 作品図版46点の他、年譜、出品目録、展覧会リスト、参考文献リスト、尾野正晴による解説(「山口正城のLinearism」)が掲載されている。
  • 20世紀物故洋画家事典(岩瀬行雄・油井一人 編、美術年鑑社、1997年)310ページ
  • 美術家人名事典 古今・日本の物故作家3500人(日外アソシエーツ、2009年)610ページ

外部リンク編集