メインメニューを開く

概要編集

栗駒山の南東斜面の多雨地帯の雨水を集めて流れる旧迫川は、中流から下流にかけて4000分の1という極めて緩い勾配で、中・下流部50キロメートル地点は,高低差が7mしかない低平地にあるため、幾度となく洪水に襲われた。旧北上川下流域と合わせると、慶長年間から昭和初期までの約350年間に75回もの洪水被害を受けたと伝えられている。
伊達家統治していた時代から改修工事は行われ続けたが、昭和7年から14年にかけ、現在の登米市米山町山吉田から北上川分流地点である剣先までの32キロメートルあった旧迫川を僅か11.7キロメートルに短縮する新川(新迫川)開削事業が行われた。
その事業の主体である新旧迫川の分岐分流)のために、山吉田水門及び洗堰が新設された[2]。本水門は全幅17.3mで手動式巻揚機八連を配し、洪水位の低下、旧迫川への洪水流入防止及び維持用水確保に、半世紀以上経過した現在においても利用されている。

 
山吉田水門(2)

沿革編集

所在地編集

宮城県登米市登米市米山町西野北土手外

アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 宮城県. “みやぎの湖沼と土木遺産”. 2015年3月16日閲覧。
  2. ^ 宮城県. “みやぎの治水事業”. 2015年3月16日閲覧。

外部リンク編集