山名 致豊(やまな むねとよ/おきとよ、応仁2年(1468年) - 天文5年7月3日1536年7月20日))は、戦国時代の大名。但馬備後守護山名政豊の子。兄弟に常豊俊豊誠豊。子に安豊祐豊豊定

生涯編集

当初嫡男となっていた兄の俊豊(としとよ)が廃嫡された後に、父・政豊より後継者に指名されてその跡を継ぐ。

しかし永正9年(1512年)に守護代垣屋氏をはじめ、「山名四天王」と呼ばれる太田垣氏八木氏田公氏田結庄氏ら有力国人衆に離反を起こされ、弟の誠豊に山名氏の家督を譲った。

偏諱を与えた人物編集

参考文献編集

  • 渡邊大門『中世後期山名氏の研究』日本史史料研究会(2010)

関連項目編集


先代:
山名政豊
山名氏当主
1499年 - 1512年
次代:
山名誠豊