メインメニューを開く

山川 民夫(やまかわ たみお、1921年10月12日 - 2018年10月7日)は、日本の医学者、東京大学東京薬科大学名誉教授、日本学士院会員[1]文化功労者生化学が専門で、ABO式血液型は、赤血球表面にある糖脂質で決まることを発見した。

宮城県仙台市出身。山川章太郎の次男、兄は山川邦夫。1944年東京帝国大学医学部卒、1951年東京大学医学博士。1952年東京大学伝染病研究所助教授、1959年教授、1966年医学部教授、1982年定年退官、名誉教授、東京都臨床医学総合研究所所長、東京薬科大学教授、同学長、同名誉教授。2002年7月8日〜2011年3月31日微生物化学研究会会長。

1974年朝日賞、1976年日本学士院賞受賞、1987年学士院会員。1991年勲二等瑞宝章[2]、2014年文化功労者。正四位[3][4]

目次

著書編集

  • 『糖脂質物語』講談社学術文庫 1981
  • 『新未知への群像 科学者が語る自伝』週刊科学新聞 2007

共編著編集

翻訳編集

  • Morris Kates『脂質研究法』斎藤国彦,林陽共訳 東京化学同人 生化学実験法 1975
  • マクギルベリー『生化学 機能の本質的理解のために』監訳 広川書店 1975-76
  • カールソン ほか『病態生化学』石塚稲夫共訳 朝倉書店 1979

参考資料編集

  • 『百年の逸材 仙台二高創立100周年記念』中島信吾・青山史朗共著 東京アドコンサルタント株式会社 2000

論文編集

脚注編集

  1. ^ 日本学士院
  2. ^ 『現代日本人名録』2002
  3. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年11月3日朝刊
  4. ^ 『官報』7387号、平成30年11月12日