メインメニューを開く
山川義太郎

山川 義太郎(やまかわ ぎたろう、安政7年3月14日1860年4月4日) - 昭和8年(1933年1月27日)は日本の電気学者。

経歴編集

武蔵国高麗郡下赤工村(現・埼玉県飯能市下赤工)の山川辰蔵(埼玉県令)の長男。1875年工部大学校(現・東京大学工学部)で電信学を学び卒業、工学士となる。1887年には工科大学校助教授に任ぜられ、1896年、官命で欧米諸国に留学し主に電気学を研究した。3年後の1899年に帰国すると東京帝国大学(現・東京大学)教授に昇進し、工学博士の学位を受けた。

1914年から1916年まで電気学会の会長をつとめ、電気学の権威として知られた。1919年に海外派遣を命じられ、再度欧米諸国を研究視察した。帰国した1923年に東京帝国大学教授を退任し、東京帝国大学名誉教授の称号を受けた。このような業績により高等官一等に叙せられ、正三位勲二等を授けられた。数え年74歳で病没、電磁気学発展に尽くした功により旭日重光章が追贈されている。

栄典編集

 
山川義太郎
位階
勲章等

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3507号「叙任及辞令」1895年3月12日。
  2. ^ 『官報』第7020号「叙任及辞令」1906年11月21日。
  3. ^ 『官報』第8552号「叙任及辞令」1911年12月21日。
  4. ^ 『官報』第3223号「叙任及辞令」1923年5月1日。
  5. ^ 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
  6. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ 『官報』第1773号「叙任及辞令」1918年7月1日。
  9. ^ 『官報』第1830号「叙任及辞令」1933年2月7日。

外部リンク編集

学職
先代:
浅野応輔
電気学会会長
5代:1915年 - 1917年
次代:
大井才太郎