山本淳子

日本の研究者

山本 淳子(やまもと じゅんこ、1960年8月27日[1] - )は、平安朝文学研究者、京都先端科学大学人文学部教授。金沢市生まれ。

生家は老舗の製網業を営む。旧姓清水。

金沢大学附属高等学校京都大学文学部卒業。石川県立図書館加能史料編纂室室員、石川県立金沢辰巳丘高等学校教諭ののち京都大学大学院人間・環境学研究科に進学し、1999年同博士課程修了、「「紫式部集」の研究」で博士(人間・環境学)。2003年、京都学園大学経済学部助教授、のち准教授。2008年、京都学園大学人間文化学部教授。2015年、学部名変更により人文学部教

2007年一般書としては初の著書『源氏物語の時代』でサントリー学芸賞受賞。2008年人間文化学部教授。紫式部の作品を政治的な文脈という新たな視点で分析している。

著書編集

  • 『紫式部集論』和泉書院 2005
  • 『源氏物語の時代-一条天皇と后たちのものがたり』朝日新聞社、2007
  • 『私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り』角川学芸出版、2011
  • 『平安人の心で「源氏物語」を読む』朝日選書、2014
  • 『紫式部日記と王朝貴族社会』和泉書院、2016年
  • 『枕草子のたくらみ 「春はあけぼの」に秘められた思い』朝日選書、2017年

共著など編集

  • 『誰も教えてくれなかった「源氏物語」本当の面白さ」林真理子対談、小学館101新書、2008
  • 『紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』 角川ソフィア文庫、2009(編集、注釈)
  • 『紫式部日記 現代語訳付』 角川ソフィア文庫、2010(編集、注釈)
  • 『「源氏物語」が読みたくなる本』 グラフ社、2009

参考編集

  • 『私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り』 角川学芸出版、2011 [ISBN 978-4-04-653248-0]

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.351

外部リンク編集