山村悦夫

日本の土木工学者

山村 悦夫(やまむら えつお、1942年 - )は、日本土木工学者北海道大学名誉教授。元日本地域学会会長。元地理情報システム学会会長。

人物・経歴 編集

北海道出身。北海道札幌南高等学校を経て、1965年北海道大学理学部数学科卒業[1][2][3]。1966年北海道大学工学部助手[2]。1973年北海道大学工学博士[4]。1974年ペンシルベニア大学大学院人文・理学研究科経営学専攻修了、学術修士[2]。1975年北海道大学工学部助教授。1977年北海道大学大学院環境科学研究科助教授。1981年北海道大学大学院環境科学研究科教授。1988年日本不動産学会評議員。1990年太平洋地域学会理事。1992年土木学会フェロー。1993年国際環境創造学会理事長。1994年環境科学会評議員。1998年北海道GIS-GPS研究会会長。2000年経営GIS総合研究所所長[2]。2001年日本地域学会会長[5]。2004年地理情報システム学会会長[6]RFID普及推進機構会長。2005年北海道大学名誉教授。2008年国際民族音楽平和運動機構会長[2]。2023年、瑞宝中綬章受章[7][8]

著書 編集

脚注 編集

  1. ^ 「著者名典拠情報」埼玉大学図書館
  2. ^ a b c d e 山村 悦夫 ヤマムラ エツオ (Etsuo Yamamura)researchmap
  3. ^ 「山村 悦夫」
  4. ^ 「地域間連関分析に関する交通計画的研究 山村, 悦夫 ヤマムラ, エツオ」CiNii
  5. ^ 「歴代役員・名誉会員」日本地域学会
  6. ^ 歴代会長・副会長地理情報システム学会会長
  7. ^ 『官報』号外第93号、令和5年5月1日
  8. ^ 令和5年春の叙勲 瑞宝中綬章受章者” (PDF). 内閣府. p. 22 (2023年4月29日). 2023年5月3日閲覧。
先代
碓井照子
地理情報システム学会会長
2004年 - 2006年
次代
村山祐司
先代
福岡克也
日本地域学会会長
2001年 - 2003年
次代
酒井泰弘