山田 省三(やまだ しょうぞう、1948年 - )は、日本法学者労働法学者弁護士中央大学法科大学院教授東京都出身。

来歴編集

1974年中央大学法学部法律学科卒業。1981年中央大学大学院法学研究科満期退学。1987年中央学院大学法学部専任講師、1990年には同法学部助教授。1995年中央大学法学部助教授、1996年同法学部教授を経て2004年より現職。 この他、日本労働法学会理事なども務めた。

研究領域編集

差別問題、セクハラ問題、遵法闘争、イギリス労働法について研究。

主著編集

 参考文献編集

石井保雄と共著『労働者人格権の研究 -角田邦重先生古希記念- 上下巻』(信山社出版、2011年)

門下生編集