メインメニューを開く

角田 邦重(すみだ くにしげ、1941年 - )は、日本法学者労働法学者弁護士。元中央大学学長。中央大学名誉教授。現在、虎の門法律経済事務所パートナー民法学者角田美穂子一橋大学教授は子。

来歴編集

熊本県本渡市生まれ、佐賀県鳥栖市育ち。佐賀県立鳥栖高等学校卒業後、1965年中央大学法学部二部法律学科卒業。1965年最高裁判所にて司法修習生。1967年中央大学法学部助手横井芳弘の指導を受けた。

1971年中央大学法学部助教授。1978年中央大学法学部教授。1981年中央大学大学院法学研究科教授併任。1991年学校法人中央大学評議員(1999年まで)。1991年中央大学法学部長(1995年まで)。2002年中央大学学長(2005年まで)。2008年中央大学法科大学院兼任講師。2011年中央大学定年退職。同名誉教授。

この他、日本労働法学会代表理事や日独労働法協会会長なども務めた。また、1976年~1978年に西ドイツ・州立ブレーメン大学にて在外研究も行った

研究領域編集

労働者の人格的権利の保護や労働法における規制緩和について研究。

主著編集

門下生編集

参考文献編集

  • 石井保雄・山田省三編『労働者人格権の研究 -角田邦重先生古希記念- 上下巻』(信山社出版、2011年)

外部リンク編集