メインメニューを開く
三重県山田郡の範囲

山田郡(やまだぐん)は、三重県伊賀国)にあった

目次

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、伊賀市の一部(下友生・中友生・界外・上友生および真泥、千戸、炊村、甲野、畑村、富永、上阿波以南かつ蓮池、高山、坂下以北)にあたる。

歴史編集

近世以降の沿革編集

 
21.山田村 22.布引村 23.阿波村 24.友生村(紫:伊賀市 1 - 16は阿拝郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。全域が現・伊賀市。(4村)
    • 山田村 ← 平田村、畑村、富岡村、出後村、中村、鳳凰寺村、千戸村、真泥村、炊村、甲野村
    • 布引村 ← 川北村、広瀬村、奥馬野村、中馬野村、坂下村
    • 阿波村 ← 上阿波村、猿野村、富永村、下阿波村
    • 友生村 ← 喰代村、高山村、蓮池村、上友生村、界外村、中友生村、下友生村
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、阿拝郡・山田郡の区域をもって阿山郡が発足。同日山田郡廃止。

参考文献編集

関連項目編集