岡崎 清一郎(おかざき せいいちろう、1900年9月19日 - 1986年1月28日)は、日本の詩人

岡崎清一郎

栃木県足利市出身。佐野中学校を中退後、太平洋画会研究所にて学ぶ。北原白秋の「近代風景」や村野四郎らの「旗魚」に参加、1929年第1詩集『四月遊行』を刊行。のち「歴程」同人。1960年「新世界交響楽」で高村光太郎賞、1971年『岡崎清一郎詩集』で第9回藤村記念歴程賞、1973年『春鶯囀』で第24回読売文学賞受賞。

著書編集

  • 四月遊行 詩集 ガク房社 1929
  • 神様と鉄砲 詩集 ボン書店 1934
  • 火宅 詩の本 私家版、1934.4
  • 風騒集 私家版 1937
  • 花鳥品隲 句集 文芸汎論社 1938
  • 肉体輝燿 詩集 文芸汎論社 1940
  • 夏館 詩集 湯川弘文社 1943 (新詩叢書)
  • 古妖 詩集 落合書店 1969
  • 岡崎清一郎詩集 思潮社 1970
  • 春鶯囀 詩集 落合書店 1972
  • 銀彩炎上 詩集 落合書店 1974 (天山文庫)
  • 火焔太鼓 詩集 沖積舎 1974
  • 象徴の森 落合書店 1976.12
  • 戀歌 詩集 思潮社 1976