メインメニューを開く

岡崎道(おかざきみち)または岡崎通(おかざきどおり[1])は、京都市の南北の通りの一つ。北は春日北通から南は三条通まで至る。

その名の通り、左京区岡崎地区を縦貫する。全長約1キロ。

概要編集

神宮道の一筋東に存在し、岡崎公園内を通る道である。沿道には文化施設が多く立地する。

その道幅の広さから広道(ひろみち)と称されたこともあった[2][3]。道の北端から琵琶湖疏水を渡った先、仁王門通のまでの区間は片側一車線と道幅も広いが、仁王門通以南の区間では南行き一方通行となり道幅が狭くなる。

四条河原町京都駅方面へ向かう京都市営バスの路線がいくつか設定されており、丸太町通には「岡崎道」バス停も存在する。

沿道の主な施設編集

交差する道路など編集

脚注編集

  1. ^ 京都市内の通りの名称は「通」となっていて「り」を送らない。例外として道路標識では「通り」として送る表記を採用しているが、印刷資料で送るものは極めて珍しい。京都市内の通り#表記参照
  2. ^ 千宗室・森谷尅久監修 『京都の大路小路』、小学館、1994年、263頁。
  3. ^ 現在も、京阪バス近江鉄道バス「三条広道」バス停や京都三条広道郵便局などにその名を残す。

関連項目編集


京都市内の南北の通り
西隣の通り
神宮道
北は 春日北通 まで 東隣の通り
白川通
岡崎道
南は 三条通 まで