メインメニューを開く

岡本 愛祐(おかもと あいすけ、1894年明治27年)9月8日[1] - 1988年昭和63年)8月23日[1])は、日本の宮内官僚政治家帝室林野局長官、参議院議員

経歴編集

京都府で岡本武左衛門の七男として生まれる[1]京都府立第四中学校第三高等学校を経て、1920年7月、東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業[1]1919年6月、高等試験行政科試験に合格[1][2]。1920年7月、内務省に入省し埼玉県属に任官し内務部農務課に配属[1]。同県警視警察部保安課長を経て、1923年3月、宮内省に転じ東宮侍従侍従就任[1]

以後、皇后宮事務官兼侍従、宮内省参事官、帝室林野局監理部長、内匠頭、兼宮内省警衛局長、帝室林野局長官などを歴任し、1947年3月、廃官により退官した[1]

1947年4月、第1回参議院議員通常選挙全国区から出馬して当選[3]緑風会に所属して、同院地方行政委員長、林野会会長を歴任し、参議院議員を一期務めた[3]

人物編集

第三高等学校在学中に軟式テニス選手となり、同種目の普及に尽くした[4]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本近現代人物履歴事典』124頁。
  2. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』224頁。
  3. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』274頁。
  4. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』131頁。

参考文献編集

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。