岡本 牧西(おかもと ぼくさい、生没年不詳)は、戦国時代武将西条東城主。小少将の父として知られる。

 
岡本 牧西
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 不詳
改名 岡本清宗
別名 美作守
主君 細川持隆三好実休
氏族 岡本氏
小少将
テンプレートを表示

生涯編集

天文年間(1532年-1555年)、阿波守護である細川家の家臣として100貫で西条東城主となり細川持隆に仕える。その後、娘の小少将が持隆の側室となる[1]。持隆の死後は、小少将が三好実休の継室となったので、牧西も家臣となった。三好実休が討死すると、岡本清宗から岡本入道牧西と改名し、岡本牧西と称されるようになる[2]

1582年天正10年)に長宗我部元親が阿波へ侵攻して以降、牧西は討死したといわれているが、定かではない[1]

脚注編集

  1. ^ a b 傾城の美女「阿波の小少将」夫の部下と不倫?さらにその部下を愛人に?スゴすぎる男遍歴”. warakuweb (2020年10月12日). 2021年12月3日閲覧。
  2. ^ 阿波の烈女、小少将(大形殿)とは”. 歴史四方山話. 2017年8月28日閲覧。