岡津城(おかづじょう)は神奈川県横浜市泉区岡津町相模国鎌倉郡)にあったとされる室町時代から戦国時代にかけての山城

logo
岡津城
神奈川県
城郭構造 平山城
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 不明
主な改修者 なし
主な城主 上杉朝良、太田大膳亮
廃城年 不明
遺構 不明
指定文化財 なし
登録文化財 なし
位置
地図
岡津城の位置(神奈川県内)
岡津城
岡津城

概要編集

阿久和川とその支流・子易川の合流点北側の丘陵に築かれた。上杉定正の子上杉朝良が拠点としたが、玉縄城に進出した後北条氏によって1512年永正9年)に攻略されたという[1]。その後、後北条氏家臣・太田大膳亮の知行地となる(小田原衆所領役帳[2]

1590年(天正18年)に後北条氏が滅び徳川家康が入国すると、彦坂元正の知行地となり城跡に岡津陣屋が置かれた。現在は住宅地のほか横浜市立岡津小学校や岡津中学校の敷地となっているが、土塁空堀などの遺構が一部残るという[3]

脚注編集

  1. ^ 戸塚の歴史散歩編集委員会 1970
  2. ^ 児玉・坪井 1980 pp.308
  3. ^ 児玉・坪井 1980 pp.309

参考文献編集

  • 戸塚の歴史散歩編集委員会 1970 『戸塚の歴史散歩』戸塚区郷土史跡研究会
  • 児玉幸多・坪井清足監修 1980 『日本城郭大系第6巻 千葉・神奈川』新人物往来社

関連項目編集