メインメニューを開く

岡田恵珠

日本の宗教家

岡田 恵珠(おかだ けいしゅ、本名:井上 甲子)は、宗教家、崇教真光の元教え主。

おかだ けいしゅ
岡田恵珠
岡田恵珠.JPG
生誕 1929年12月16日[1]死没年月日 2016年9月18日
現況 崇教真光 二代教え主を引退
住居 静岡県熱海市
国籍 日本
別名 聖珠(せいしゅ)
子供 岡田晃弥(養子、本名・手島泰六)
岡田光玉(養父)

2016年9月18日死去。

目次

経歴編集

1929年12月16日生まれ。1959年岡田光玉養女として入籍。出生名は井上甲子。

光玉の没後、世界真光文明教団関口榮との継承問題(真光裁判)を経て、1978年6月に崇教真光を設立した。

1984年、総工費400億円をかけて元主大神宮(世界総本山、現:元主晃大Ĉ神宮)を岐阜県高山市に建立した。 1992年6月23日、位山山麓に「救い主様奥津城 光神殿」を建立。 1999年4月8日、高山市内に「救い主様顕彰記念館 光記念館ミュージアム」を建設。

1993年岡田晃弥養子にする。

2000年11月には「陽光子の三大徳目」として“感謝・ス直・心の下座”を提唱した。

 
2002年秋季大祭でサプライズ登場

2002年8月4日高山市久々野町に真光隊訓練・修練施設「真光青年会館」が開館し、開館式を行う。これにより世界総本山建設から始まった「四大聖業」(よんだいせいぎょう)が終わる。

  • 10月の大祭中、壇上にて重大発表を行い自身は「教え主の立場から身を引き、新しく代理に立ってもらう」と言う内容の報告をし、任命された晃弥(光央・聖眞)が壇上に現れる。
  • 11月に行われた秋季大祭には姿を現さず、終盤の奉納演芸時に信者へのサプライズで舞台上のロイヤルボックスに登場している。

2004年6月23日、世界総本山で「聖祖師救い主様三〇年祭」[2]を開催。舞台上に現れ光玉の遺影に拝礼する。この日が最後の登場となっている。

2016年9月18日 死去。

四大聖業編集

の4施設を建設。建築工主は光ミュージアムのみ竹中工務店で、他は大林組である。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ 2004年6月24日の宗教新聞に掲載

関連項目編集