メインメニューを開く

岩井宜子(いわい よしこ、1941年12月18日- )は、日本法学者弁護士専修大学名誉教授。

目次

経歴編集

神戸市生まれ。1964年東京大学法学部卒業、同助手、1967年法務総合研究所研究官補、1972年弁護士登録、1977年神奈川大学短期大学部助教授、1982年金沢大学法学部助教授、84年教授、1994年専修大学法学部教授[1]、2004年同法務研究科教授。2012年定年退任、名誉教授[2]

著書編集

  • 『精神障害者福祉と司法』尚学社 1997
  • 『刑事政策』尚学社 1999

共編著編集

翻訳編集

  • T.D.ウェスターマン,J.W.バーフェインド『犯罪と裁判 日米の比較文化論』大野平吉,庭山英雄共訳 尚学社 2000

論文編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 「岩井宜子教授 履歴・業績 (岩井宜子教授 退職記念号)」『専修ロージャーナル』2012-01