メインメニューを開く

岩宮 武二(いわみや たけじ、1920年(大正9年)1月4日 - 1989年(平成元年)6月26日)は、日本写真家プロ野球選手鳥取県出身。

経歴編集

米子商蚕学校卒業。プロ野球・南海ホークス捕手として入団するが、体を壊し退団[1]丹平写真倶楽部に入会し、安井仲治上田備山らと知り合う。

第二次世界大戦での出征を経て、戦後にフリーカメラマンとしてスタート。日本の伝統美を追求する作品を発表した。昭和41年大阪芸術大学教授、写真集『京 Kyoto in KYOTO』で毎日芸術賞受賞。1969年、『宮廷の庭1・2・3』で芸術選奨文部大臣賞受賞。写真集は他に『アジアの仏像』など。

参考文献編集

コトバンク”. 朝日新聞社. 2013年7月9日閲覧。

脚注編集

[ヘルプ]