メインメニューを開く

岩崎 まさみ(いわさき まさみ、1951年3月 - )は、日本文化人類学者民俗学者。ユネスコ無形文化遺産保護条約評価機関委員。「岩崎・グッドマン・まさみ」とも表記される。

目次

来歴編集

北海道滝川市出身。北星学園女子短期大学英文学科卒業。1976年ミネソタ州立セントクラウド大学英語科卒業。1980年ミネソタ州立大学大学院修士課程修了、アルバータ大学大学院博士課程修了。Ph.D.(アルバータ大学)。アメリカから帰国後、北星学園大学非常勤講師、札幌大学非常勤講師を務める傍ら、札幌開催の国際会議の同時通訳なども務めた。1987年、国際捕鯨委員会日本代表テクニカルアドバイザー(1995年まで)。1995年、北星学園女子短期大学英文学科助教授。1997年、北海学園大学に赴任。北海学園大学人文学部英米文化学科教授に就く。2017年、北海学園大学退職。同経済学部客員教授。ユネスコ無形文化遺産保護条約評価機関委員。

研究領域編集

先住民族社会の社会・文化的変化。サケをめぐる先住民族文化、捕鯨問題にみられる文化対立、海洋資源利用と権利など、幅広く研究。

著書編集

単著編集

  • 『人間と環境と文化―クジラを軸にした一考察』(清文弘文堂書房、2005年)

共著編集

  • の文化人類学-日本の小型沿岸捕鯨』(海鳴社、1989年)
  • 『紛争の海-水産資源管理の人類学』(人文書院、2002年)
  • 『講座 世界の先住民族 第7巻(北米)』(明石書店、2006年)
  • 『捕鯨の文化人類学』(成山堂書店、2012年)

参考編集