メインメニューを開く

岩崎 正三郎(いわさき しょうざぶろう、1901年明治34年)1月10日[1] - 1983年昭和58年)5月4日[1][2])は、日本の社会運動家、政治家参議院議員

経歴編集

栃木県下都賀郡藤岡町(現栃木市)で生まれた[1]1924年拓殖大学を卒業[1][2]。同年、報知新聞社に記者として入社し、1925年に退社した[1][2]

1927年日本労農党に加わり、同党関西事務局書記長、全国労農青年同盟書記長、全国大衆党中央委員、日本大衆党中央委員、社会大衆党中央委員などを歴任し、労働運動農民運動を指導[1][2]1934年、社会活動から身を引き東京製鐵社員となる[1]

戦後、日本社会党に入党し、栃木県労働組合協議会の結成に関わった[1]1947年4月、第1回参議院議員通常選挙栃木県地方区から出馬して当選し、参議院議員を一期務めた[2]。この間、日本社会党中央執行委員、参議院郵政委員長などを歴任し、その他、栃木県藤岡町農地委員会会長を務めた[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『市民・社会運動人名事典』56頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』253頁。

参考文献編集

  • 『市民・社会運動人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。