メインメニューを開く

岩手 縄美(いわて つなよし/つなみつ)は、戦国時代武将武田氏の一族。武田信玄の大叔父に当たる。「縄美」の読みは「つなみつ」である可能性が指摘される。

 
岩手縄美
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永正5年10月4日1508年10月27日
別名 四郎[1]
官位 治部少輔[1]
幕府 室町幕府
主君 武田信昌→武田信縄
氏族 武田氏
父母 父:武田信昌
兄弟 武田信縄、油川信恵縄美松尾信賢
帰雲軒宗存小笠原清宗
信盛信行
テンプレートを表示

生涯編集

武田信昌の四男[1]甲斐国山梨郡岩手郷(現・山梨県山梨市)を所領としたため、岩手氏と称した[1]。永正2年(1505年)に父が、永正4年(1507年)に長兄・信縄が相次いで死去し、甥(信縄の嫡男)の武田信虎が武田家当主になると、次兄・油川信恵と共に信虎に対して叛旗を翻した[1]

「三浦家文書」には年実生11月14日付「縄満」発給過所があり、高貴な人物の用いる方形朱印が捺されていることから、縄美発給の文書であるとも考えられている。

『高白斎記』によれば、永正5年(1508年)10月4日の勝山合戦で信虎に大敗し、信恵やその一族と共に戦死した[2][1][3]。『一蓮寺過去帳』によれば、法名は「来阿弥陀仏」。『平塩寺過去帳』では「同四郎道端」と記している。これにより、信縄の時代から続いていた武田家の家督相続問題は終焉し、信虎の当主の地位が確立した(『勝山記』『一蓮寺過去帳』)。

岩手家自体は存続を許され、家督は遺児の信盛が継いだ。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 柴辻 2007, p. 192.
  2. ^ 柴辻 2007, p. 52.
  3. ^ 柴辻 2007, p. 204.

参考文献編集

書籍
  • 柴辻俊六編 『武田信虎のすべて』 新人物往来社、2007年。ISBN 978-4-404-03423-6 
史料
  • 『勝山記』
  • 『一蓮寺過去帳』